森ふくろう

子育て

袋井市の子ども食堂|やさしい心が自然とつながる場所に

子どもの貧困対策、地域交流の拠点として注目される「子ども食堂」。最近のニュースでは、コロナ禍の影響を受けて開催を見合わせる傾向がある一方、子供だけでなく多種多様な方々が支援を求めていると聞きます。 先日、子育て支援団体みんなのぽっけ...
ライフスタイル

【イベント】cameraのさんぽ vol.2 モリマチリノベーション! スマホで物撮りのコツ

社会福祉法人モリマチリノベーション主催のワークショップ、「cameraのさんぽ」に参加してきました。今回のテーマは「物撮り」パティスリー季季さんのケーキを被写体に、スマホ撮影のテクニックを教わります。 いつもの写真をワンランクアップ...
グルメ

【袋井】O-katte LABO(オカッテ ラボ)|月見の里遊学館内で、食材の魅力をひきだす食堂

月見の里遊学館の一角にある小さな食堂。キャンバスのような白い食堂で、野菜本来の味を活かした料理を提供されています。 複数人で行くのも良いけれど、森ふくろう的には1人で訪れてほしいお店です。居心地の良さと、野菜の活かし方、店内に散りば...
スポンサーリンク
子育て

【袋井】月見の里公園|屋外イベントでよく利用される多目的スペース

袋井市北部、山梨にある月見の里遊学館に併設された公園です。「月見」と呼ばれるのも納得。空が広くて、お月さまがよく見えます。週末は屋外イベントに使われ、たくさんの方で賑わうこの公園。平日であれば、青空を見上げながらのんびりできますよ。 ...
行政・文化

森町のフォトコンテストで優秀賞をもらったら、ますます森町にハマった話

去年12月にInstagramで開催された「森女HAPPYプロジェクト 第4回フォトコンテスト」に応募したところ、なんと、優秀賞をいただきました! 家族のクリスマス会で、次郎柿ワインとおつまみを撮った写真です。この時期はい...
ライフスタイル

【袋井】タイセン根津・にじいろクレパス|ハンドメイド作品から冠婚葬祭まで、地元に寄り添うギフトショップ

袋井市北部、森下整形外科近くにあるタイセン根津さんは、大正11年創業の地元密着型ギフトショップ。冠婚葬祭、内祝、カタログギフトから、クリーニング、証明写真まで扱っています。 2020年8月から、ハンドメイド作家の作品の委託販売「にじ...
グルメ

【袋井】大衆酒場ルちゅん(ランチ)|大満足!ボリューム重視の居酒屋ランチ

さわやかアリーナの近くに、がっつり食べたい男性に人気のランチスポットがあります。大衆酒場ル(たいしゅうさかバル)ちゅんは、袋井の「大衆酒場」×「バル」。地元に愛される多国籍料理の居酒屋さんです。 「周辺に、がっつり系のお店がない」と...
ライフスタイル

【森町】ハンドメイドショップ あにまる工房~うさぎの里~|多彩な“かわいい”“癒やし”のお店

2021年3月、森町飯田に、かわいいお菓子と雑貨のお店ができました!カラフルな琥珀糖(こはくとう)をはじめとしたお菓子と、ハンドメイド雑貨を扱われています。 各種オンラインショップ、SNSで積極的に発信されていて、琥珀糖は県外から受...
コラム

【参加レポート】オンライン講座「コロナ時代の地域の居場所のつくり方」

福岡県久留米市で始まった「オンライン公民館」という取り組みが注目されています。コロナ禍の影響で、Zoomイベントが各地で開催されていますが、行政や非営利組織の場合、リソースが少なく、実現に至らないケースは多いのではないでしょうか。 ...
コラム

森ふくろうの、2020年振り返り&2021年これから

一念発起してから12ヶ月。森町、袋井市の魅力的な方々とお会いし、記事に書き留めました。少しずつ「森ふくろう」の名前が広まり、お声掛けいただくことも増えています。2020年を振り返り、次の1年をどう過ごそうか考えてみました。 1年間の...
コラム

農産物を活かして町おこし! 次郎柿ワインワークショップ+試飲会をやってみた

「次郎柿ワインと、森の農産物を使ったイベントをやってみたい」森のハニーさんから声をかけられたのは2020年10月頃だったと思います。以前から、森町の特産品を活かすワークショップを企画されてきたハニーさん。さらに規模を拡大し、毎年12月に発...
グルメ

【森町】入鹿ハム|こだわりの燻製ベーコン&ソーセージ

次郎柿ワインワークショップで使わせていただいた、入鹿ハムさんのベーコンは、旨味と香りがスープの味を引き立たせて、お客様にも好評をいただきました。穏やかな雰囲気のお店には、町内外問わず、たくさんのお客様が訪れます。 入鹿ハムの基本情報...
スポンサーリンク