【袋井】幼児の散歩にちょうどいい!さわやかアリーナ(袋井市総合体育館)へ行ってきました

お出かけ

2019年12月に完成したさわやかアリーナ(袋井市総合体育館)。袋井市の北部、地名で言うと久能にあります。体育館といえば、小中学生のクラブ活動や体育系のイベントで使われるイメージが強いですが、幼児向けの遊具が充実していると聞いて行ってきました!

さわやかアリーナ袋井市総合体育館|アクセス
さわやかアリーナ袋井市総合体育館は、静岡県袋井市にある「してみよう、見てみよう、支えてみよう”の意欲喚起する市民の体育館」です。館内外を活用し、世代を問わず多様な人々が運動から本格的な競技スポーツまで対応できる空間を用意します。

木の匂いがする屋外アスレチック「ふっ木ー(ふっきー)」

木造のアスレチックは円形で、子供が好きな仕掛けいっぱいです。網が張られていたり、丸太が交差したり、アクリル板で足元が透けていたり。ぐるりと一周歩けば、かなり身体を動かします(大人は少し狭く感じるかもしれません)。

中央の広場にはロープが張られていて、足をかけて遊ぶことができます。小さなステージのようなところで腰をおろして休憩することも。

子供は何周も回りました。ついていく親がヘトヘトに(笑)。
すぐ横に自動販売機とトイレがあるのもありがたいです。

雨の日も思いきり身体を動かせるキッズスペース「ふっ家ー(ふっちー)」

体育館の外から見える大きな網でできた遊具が特徴的なキッズスペース。プレオープン中は無料で利用できます。オープン後は未就学児1人あたり220円で何時間でも利用OK。同伴の親は無料だそうです。

部屋の中央に大きなアスレチック

丈夫な網が天井まで張り巡らされた大きなアスレチック。子供って高いところが大好きですよね。うちの子はまだ上り下りが出来ませんでしたが、身軽な子ははねたり飛んだりしていて楽しそうでした。

足元は転んでも痛くない素材が敷かれ、トンネルのようにくぐれたり、穴があいていたり。風船が散らばっていて、いろいろな遊びができそうです。

木のおもちゃ、絵本コーナーも

部屋の窓際には、絵本と木製のおもちゃが置かれていました。アイスクリーム屋さんとトラックが人気で、アスレチックはまだ難しい小さな子たちが手にとって遊んでいました。

子供向けトイレが便利

入り口のすぐ右奥には、壁で仕切られた子ども用トイレがあります。オムツ替えシートと、小さな便器が並んでおり、兄弟を見ながらオムツ替えやトイレをさせることができるので安心です。

トイレの外側に手洗いスペースがあるので、トイレ以外の帰るときなどに手洗いをさせることもできます。

キッズスペースの外に授乳室

キッズスペースの外に、授乳室がありました。中は見ることができなかったのですが、公共施設の授乳室って部屋の隅にパーテーションで区切った簡易的なものが多いので、小部屋で常設してあるのは珍しく感じました。

キッズルームでの飲食はNGだそうです。
37.5度以上の熱がある場合は利用を控えるなど、利用規約があるそうですので、利用前に確認すると確実です。

キッズルーム利用規約(PDF)

無料で使えるプレオープンは3月末まで

体育館外のアスレチック「ふっ木ー」はいつでも利用できますが、体育館内部は日によって開放時間が異なります。キッズスペースを利用する際はちょっと気をつけたほうが良さそうです。3月末までのスケジュールはこちらをご確認ください。

※2020/02/25 期間カレンダーが更新されていたため、リンク先を変更しました。今後も変更があるかもしれませんので、さわやかアリーナのトップページでもご確認ください。

さわやかアリーナトップページ

プレオープン期間カレンダー

森ふくろう
森ふくろう

キッズルームの横には、トレーニングルームがあり、夫婦で行けば交代で筋トレ、なんてこともできそうです。

タイトルとURLをコピーしました