Amazon prime wardrobe(アマゾン プライム・ワードローブ)が幼稚園の靴選びに役立った話

Web活

先日、子供が入園式を迎えました。……が、変化に敏感なイヤイヤ期を迎えた我が子。園服も体操服も泣いて嫌がり、服の試着も一苦労。幼稚園指定の靴をお店で探す気力が湧かなかったので、Amazonプライム会員向けの試着サービスを利用してみたら、便利さに感動したのでまとめてみました!

Amazon prime wardrobe(アマゾンプライム ワードローブ)とは?

アマゾンプライム会員(年4900円税込)で利用できるサービスの一つです。
プライムワードローブ対象商品ならば、自宅へ商品が届き、試着・購入or返品を手軽に行うことができます。

Amazon プライム・ワードローブ

幼稚園が指定する靴はスリッポン型

保育園ではそれほど気にしなかった靴。幼稚園は指定がありました。

  • 自分で着脱可能な履きやすいもの
  • スリッポン型推奨
  • マジックテープ、紐ぐつは控える

西松屋で探してみるとマジックテープ型が主流で、スリッポン型は少数。生地が柔らかくて履きやすそうなものはディズニープリンセスなどのキャラクター柄で、我が子が好きなキャラクターは無し。無地で布製のものを買ってみたものの、ちょっとキツそう……。

とりあえず買ってみて本人に見せますが、どんな靴も最初は断固拒否。どうにか履いて慣れてくると、新たな問題が発覚します。1つは自力で履けないほどピッタリすぎる。もう1つはマジックテープ型でバンドが硬く、こどもが自分でつけると緩くなって転びやすい。大人以上に「これだ!」という靴を選ぶことに困難を感じました。

Amazon Prime Wardrobeを使ってみよう

「キッズ スリッポン」を探す

Amazonの検索機能は分かりづらいので、Googleで画像検索で好みの形を見定め、Amazonに取り扱いがあるか調べることが多いです。目星がついたら、商品名や型番をAmazonで検索しています。

Prime Wardrobeの対象商品は、「試す」ボタンが表示される

パソコンの場合、右上に「試す」のボタンが表示されます。スマホは、カラーとサイズを選ぶと購入ボタンの上に「試す」ボタンが表示されます。
※プライムワードローブ対象外の商品では「試す」ボタンが表示されません
対象外の商品が多いので、今後もっと増えたら嬉しい……。

注文すると商品が届き、7日以内なら返品可能

注文時点では料金が請求されません。
そのまま返品に使える段ボール箱に入って配送されます。

開封済みですが、箱の側面にロゴが書いてあります

ちなみに今回は、サイズが合わなかったので両方とも返品することにしました。

今回試した靴。左はサイズが大きすぎ、右はピッタリすぎて履きづらかった……

Amazonの管理画面>注文履歴から、返品処理を行います。

写真は返品前の状態。伝票・商品・緩衝材を入れて蓋をします。

封印用シールを剥がし蓋をして、付属の返送用伝票を貼り付け、コンビニから配達してもらいました。

プライムワードローブの主な注意事項

  • 支払いはクレジットカード/デビットカードのみ
  • 試着では発生し得ない消耗やダメージ(しわ、ソールの汚れ、ソールの傷など)があるものや、香水やたばこの匂い、ファンデーションなどの化粧汚れが付着したものなどは返品ができないそうです。Amazon.co.jpの返品ポリシーはこちら

返品期間を過ぎても商品が返品されない場合、購入が確定しクレジットカードで決済されます。

使ってみて感じたメリット・デメリット

自宅で何度も試せる

子供は気まぐれです。気分が悪ければ一切受けつけませんが、気分が良ければちょっと興味を持ちます。「プレゼントだよー」と箱を開ければ興味を持ち、喜べばそのまま購入できるので気楽です。(うちの場合は良い顔をしませんでしたが、時間を気にせず様子を伺えるので余裕がありました。

お店に行かなくていい

嫌がる子供を引きずってお店を回らなくていい!かなりのストレス減です。
欲しい形が決まっているならば、自宅からネット注文したほうが、移動時間や探すの短縮になります。

返品がラク

通常どおりに購入して返品すると、払戻処理が面倒だったり、そもそも返品不可だったり、いろいろ手間になりがち。プライム・ワードローブなら、箱に入れてコンビニへ持ち込めばOKとシンプル!

デメリットは対象商品が少ないことと、検索性が悪いこと……。

柄違いだとプライムワードローブの対象だったり、希望のサイズが利用できない場合もあります。

加えて、Amazonの検索性があまりよくないこともデメリットです。
Google画像検索で「Amazon 商品カテゴリー」のキーワードで検索してから、Amazonで型番を検索するなど、欲しいものを見つけるためにはハードルがありました。

新しい選択肢のひとつ。プライム・ワードローブ

返品後、別のサイズを購入して履かせたところ、スムーズに履けるようになりました。これまで買ったどの靴よりもラクに履けて、子供もちょっとうれしそう。

西松屋、イオン、バースディ……と、あっちこっち探して、買ってみてはがっかりすることが重なっていたので、親としても嬉しい……。

Amazon プライム会員になる必要はありますが、プライムワードローブ以外にもAmazon定期便や、Amazonファミリー(おむつ15%引き等の特典がある)、プライムビデオなどのサービスが利用できるので、年4900円がかなりお得に感じます。ぜひ選択肢の一つを増やしてみてはいかがでしょうか。

森ふくろう
森ふくろう

お店の良さとネット通販の良さがあります。イイとこどりをしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました